性病検査 方法 ばれない

日本人にとってお茶は生活の一部であり、とりわけ健康とお茶は切っても切り離せない。これまで無糖茶飲料は市場の約56%の構成比を占める緑茶飲料が牽引し、市場を拡大してきた。しかし。今後の成長に向けては第2の柱が求められていた。その中で、今年は無糖茶飲料市場でナンバー2の構成比(約17%)を占める烏龍茶から、画期的な商品が登場する。コカ・コーラシステムと、ポッカサッポロフード&ビバレッジが相次いで国産茶葉100%の烏龍茶を発表。国内茶葉産業の活性化とともに、緑茶頼みだった無糖茶市場の活性化に向け新風を起こすと計画している。

 

烏龍茶市場は2000年以降、年率5%減で推移していたが、両社の新規アイテムの導入で注目を集めることは必至で、トクホを中心とした既存品の活性化も期待できそうです。

 

烏龍茶と緑茶の茶葉は、同じ茶葉からできているが、生の茶葉を半発酵させてつくっていることが烏龍茶葉をつくる上でのポイントとなる。コカ・コーラシステムは、国内有数のお茶どころで育まれた良質な茶葉を100%使用し、全行程を国内で製造する烏龍茶を開発した。同社は茶葉本来の味わいを引き出すために、水分状態や気温・湿度に合わせて発酵の度合いを調整し、さらに低温でじっくりと焙煎して丁寧に仕上げた。試作数は150種類以上に及んだという。こうした企業努力のおかげで手軽にお茶を楽しめるんですね。

 

無糖茶飲料は市場の約56%の構成比を占める緑茶飲料が牽引し、市場を拡大してきたが、今後の成長に向けては第2の柱が求められていた。その中で、今年は無糖茶飲料市場でナンバー2の構成比(約17%)を占める烏龍茶から、画期的な商品が登場する。コカ・コーラシステムと、ポッカサッポロフード&ビバレッジが、2月2日に相次いで国産茶葉100%の烏龍茶を発表。国内茶葉産業の活性化とともに、緑茶頼みだった無糖茶市場の活性化に向け新風を起こす。